ワキガの原因はタバコであるという事実

タバコのけむりの写真

タバコを吸う人にワキガが多いし、タバコはワキガの原因になるから吸っちゃだめと言われています。

 

タバコを吸う事で口が煙草臭くなることはわかっても、ワキガとは関係ないように思えてしまいます。

 

でも、タバコのあの独特なにおいとワキガのにおいが重なったら一体どんなにおいになるのでしょう?

 

想像するだけで怖くなります。

 

ワキガの方は周囲の人にワキガだからと嫌がられやしないかといつもにおいが気になっています。

 

自分がワキガかも?と思ったらワキガを強くする原因になるものはすべて遠ざけたいです。

 

タバコとワキガを引き起こす原因の一つだとわかったら、ワキガの人はのんきにタバコを吸ってなどいられません。

 

タバコとワキガの関係ってどうなの?

 

普段からタバコを吸っている人必見のワキガとタバコの関係について調べました。

 

タバコを吸うと体にはどのような影響がある? 

タバコを吸う女性の写真

タバコは人を良い気持ちにしてくれる

 

仕事のことで上司に怒られてひどく落ち込んだ時など、気持ちを前向きに切り替えたいときがあります。

 

そんなときにタバコを吸ってまた頑張る人もいますが、たしかにタバコを吸うとなぜだか落ち着いてきます。

 

その理由はニコチンにあります。

 

タバコの成分であるニコチンには、コカインなど麻薬ほどの強い効果はないものの、中枢神経興奮剤といって人を気持ちよくさせる力があります。

 

タバコを吸うことでイライラがおさまったり明るい気持ちになるのは、タバコの中に入っているニコチンの効果によるものなのです。

 

タバコは代謝を悪くする

タバコが人をよい気持ちにしてくれることはうれしいのですが、タバコを吸って良いことばかりが起きるわけではありません。

 

タバコを吸い続けていると人の肺機能は低下して、体の全体に酸素を届けることができなくなってしまいます。

 

酸素が届かなければ体の代謝はうまくいきません。

 

代謝が悪くなれば食べたものがエネルギーに変わることができず、脂肪になって体にたまってしまいます。

 

ですからダイエットを考えている人にとって、タバコは良いものとはいえません。

 

タバコのニコチンは神経を刺激して脇汗を多くする

ワキガの人にとって、もっとも気になるのが、タバコを吸う事で汗の量が増えることです。

 

ニコチンは人を気持ちよくさせるところまではいいのですが、視床下部を刺激して体温を高くします。

 

体温が高くなればそれを下げようと体は汗をかきますので、汗の量が増えてしまうのです。

 

ワキガの原因を作っているのは、脇の下に多く存在するアポクリン腺からの汗です。

 

タバコを吸うと、アポクリン腺からの汗が増えますから、汗が増えるとともにワキガのにおいも強くなります。

 

また、タバコを吸うと自律神経のバランスが崩れて脇汗が増えるということもわかっています。

 

このまま吸い続けていると、脇汗だけでなく体全体の汗が多くなり汗臭さで苦しむことになりますから、タバコはできるならやめるべきです。

 

タバコを止めればワキガを治すことができる?

タバコの吸い殻がたくさんあるの写真

とりあえずは本数を減らそう

タバコはワキガの直接の原因ではありませんから、タバコをやめたことでワキガが治るわけではありません。

 

しかしタバコをやめればニコチンによって無駄に汗が増えることがなくなるため、ワキガのにおいはおさまります。

 

ワキガのためにタバコをやめるべきだということはわかったけれど、タバコをやめたことでストレスがたまってかえってワキガが強くなるのでは?

 

そんな心配をする方もいらっしゃるでしょう。

 

たしかにストレスはワキガを悪化させる原因の一つです。

 

タバコをやめたことでストレスを解消することができなくなり、ワキガがいったん強くなる人はいます。

 

でもそんなことを言っていたら、いつまでたってもタバコはやめられません。

 

これまで吸っていたタバコを急にやめることは難しいですから、徐々に本数を減らすようにするといいですよ。

 

毎日1本ずつでも量を少なくしていけば、最後には禁煙することができます。

 

禁煙外来の利用も効果的

たばこは一度くせになってしまうと、禁煙するためにはかなりのやる気と根性が必要です。

 

ワキガ防止のためだけでなく健康のためにも、思い切ってタバコをやめたい、でも自分ひとりでは頑張れる自信がない・・・

 

そんな方は、禁煙外来を利用してはいかがでしょうか?

 

禁煙外来の病院に行けば、医師に支えてもらいながら禁煙を無理なく続けていくことができます。

 

病院で治療となるとけっこうな費用がかかるのでは?と心配な方もいらっしゃるでしょう。

 

けれど、禁煙外来は健康保険を利用することができますから、せいぜい20000円程度で治療を受けることができますよ。

 

一人で禁煙することはつらいですが、なかなか同じ時期に禁煙をしようという仲間を見つけることができません。

 

ワキガのために禁煙したいんだ!という強い気持ちを持って、禁煙外来の医師に支えてもらいながら、頑張って禁煙生活を始めましょう。

 

ワキガのためだけでなく健康のために禁煙してみよう 

タバコを折っている写真

ワキガを治すためならばタバコをやめるけれど、タバコがワキガの原因でないならやめられない・・・

 

そんな方もいるでしょうが、タバコをやめることは健康を維持するためにもよいことですから頑張るべきです。

 

タバコがワキガの直接の原因ではないのですが、ワキガのにおいを減らす効果はあります。

 

タバコをやめる一つのきっかけだと思って、禁煙してはいかがでしょうか。

 

今まで吸っていたのに突然やめることはつらいです。

 

けれど本数を減らすだけでもワキガのにおいは変わってきて効果を実感できますよ。

 

ワキガの原因対策クリーム人気ランキング

デオシーク

デオシークの特徴

  • 内容量30g、1日当たり113円
  • 人間が発生させる“ニオイの97%”を無臭化するパンシル(柿タンニン、消臭効果で有名な茶カテキンの25倍の抑臭効果がある)が配合された医薬部外品クリームで、朝塗って24時間効果が持続します。
  • すでに発生したニオイも徹底的に抑制し、ニオイの元となる細菌の殺菌能力は高いのに低刺激なのも特徴です。

価格 評価 備考
3380円 評価5 送料無料、消臭サプリつき
デオシークの総評

【ココがポイント】 朝出かける前にデオシーククリームを塗るだけで、脇汗を抑え消臭効果が持続するのは楽でイイです。 使用目安は片ワキだとデオシーククリーム2プッシュですから、両ワキで4プッシュ、1本で1日6プッシュで約1ヶ月利用できます。 デオシーククリームは伸びもよく、お肌に馴染むのも早いのでベタつきが続くこともありませんから、一度使うと便利でやめられなくなると思います。

ワキガ手術に行く前にクリアネオ

クリアネオの特徴

  • 内容量30g、1日あたり166円
  • 有効成分イソプロピルフェノールが汗やニオイの元となる菌の繁殖を抑え殺菌します。
  • 同時に汗を抑える有効成分パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

価格 評価 備考
4980円 評価4.5 医薬部外品、送料無料
クリアネオの総評

定期便の必須回数制度がないので、1度のお試しで解約できるのは良いと思います。 クリアネオも無添加無香料ですし、天然植物エキス配合なので、敏感肌やデリケートゾーンのも安心して使えます。 ヒアルロン酸配合ですのでワキの黒ずみ対策や美肌効果も期待できます。

Lapomine

ラポマインの特徴

  • 内容量24g、1日当たり190円
  • 汗を抑える⇒肌が乾燥する⇒汗・皮脂が過剰分泌する⇒臭いの原因になるという悪循環を、肌の保湿という面からアプローチしています。
  • 1保湿、2殺菌、3制汗の観点で、パウダーの白い粉残りやすぐ乾かないといった問題点を解消しています。

価格 評価 備考
5700円 評価4 医薬部外品、送料無料
ラポマインの総評

使い方としては朝出かける前にラポマインを「小豆大」の大きさでとり、肌に浸透させるように指でやさしく塗るだけ。 最初のうちは夜寝る前にも使うと雑菌の繁殖を防ぐのでオススメなのですが、これだとすぐにクリームが消耗してしまう点が残念なところです。